Your browser version is outdated. We recommend that you update your browser to the latest version.

michel-charles 'micha' therrien
artiste multidisciplinaire / multidisciplinary artist

FRANCAIS

Né a Montréal (Canada), Michel-Charles 'Micha' Therrien est un musicien, compositeur et peintre. Artiste multidisciplinaire, qui a œuvré dans le domaine des arts depuis plus de 40 ans et a participé à grand nombre de festivals nationaux et internationaux. Ses nombreux voyages et tournées sont la base de son inspiration.

 A la fin des années ’90 il est nommé chef de département du 'Digital Image & Sound Programme in the Fine Arts' (Université Concordia de Montréal) puis directeur artistique d’un important centre de recherche pédagogique universitaire (CSLP). Ses œuvres et performances ont été présentées dans plusieurs pays dont le Canada, Japon, Europe, Amérique, Afrique du nord, Bahamas entre autre...

En 2005 il prend une sabbatique en Méditerranée sur un voilier avec sa famille, sa rencontre avec l'univers méditerranéen, sa lumière et la diversité des peuples ont grandement influencé son oeuvre. Dernièrement Michel-Charles a beaucoup voyagé au Japon, son amour de la culture et traditions nippones lui ont fait établir son studio dans les montagnes de Hyogo.

 

日本語

マルチメディアのアーティストで知られるミシャは、モントリオール(カナダ)の出身です。彼は、芸術とサウンドデザインの両学科をコンコルディア大学(モントリオール)にて学士修得。その芸術学部にて博士号をも取得しました。 25年以上に渡り、教師として、 芸術監督として(マギー=ギルス、CBCカナダ国営放送等)活躍し続けてきました。

芸術作家として活動を続ける上で、文化の違う国々への旅行や遠征から学ぶものは多くありました。

1995年には彼は、コンコーディア大学 芸術学部 デジタルイメージ&サウンド科の責任者を任命され、主要大学の研究センターCSLP(Centre for Study of Learning and Performances)に於いては芸術監督としての任務をして遂行していた。

彼の作品やパフォーマンスは、数々の国(日本、フランス、ポルトガル、カナダ、バハマ等)に於いて発表されています

2005年に彼は妻と3人の子供と共にサバティカルを取り、地中海へとヨットでの航海の旅に出た。彼のウォーターメディアの技術はその地中海の陽と、心温まる人々に感化されたものです。

ミシャの日本文化や歴史に対する愛情が、彼を何度も来日させ筆を動かしています。ですから最近の作品には、そんな日本の文化や習慣がハーモナイズされたものが見られます。

彼の芸術作品は、さまざまな社会的、文化的観点の違いを取り入れています 。 そして彼の作品の中には、一つの手法に拘らず様々な手法を使い分け、見慣れたオブジェクトとの調和を組み入れる等、新しいコンセプトやテーマが見いだせるのです。

文書や音楽といった視聴覚的なサインと同様に、絵画を通してもコミュニケーションははかれます。 旅からの発想で生まれた彼のスケッチブックは、 神秘的なシンプルさの探求 からインスピレーションを受けたもので、自然の感性を伝える物です。

 

ENGLISH

Born in Montreal (Canada), Michel-Charles 'Micha' Therrien is a multidisciplinary artist, he has worked in the arts for over 40 years as a professional musician, composer, visual artist, teacher and artistic director. Micha participated in numerous international festivals.

His practice as an artist found inspiration in his travels and tours. In the late '90s he was appointed Chair of the 'Digital Image & Sound program in the Fine Arts' (Concordia University) and also artistic director of the CSLP a major university research center. His works and performances have been presented in many countries (Japan, France, Portugal, Canada, Bahamas, etc..)

In 2005 he left for the Mediterranean on a sailboat with his family, his encounter with the mediteranean universe, its light and diversity of its people has been a great inspiration! Lately Micha has also traveled extensively to Japan.  His love of Japanese culture and traditions has inspired him to establish his practice there and he has a studio in the Hyogo mountains.

 His tavels inspires his  work and it is in this exploration of the mysterious simplicity translated into a sense of naturalness that govern his multidiscipinarity.